内科 循環器科 いわもと内科  院長 岩本正彦
 
〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台4-5-1 プレジャ湘南台1F TEL・0466-44-8004
休診日:木曜日、土曜日午後、日祭日  診察時間 9:00-12:30,3:00-6:30
 
 
お知らせ 診療案内 クリニックの紹介 交通案内 健康サポート
 
 
トップページ健康サポート > くらしのヘルスケア

健康サポート

季節の健康トピックものしり医療メモくらしのヘルスケアすこやかレシピ

しっていますか?こんな処置「スポーツ時の外傷ケア」〜RICE処置

RICEとは、スポーツ選手が競技中に捻挫や人体の損傷、骨折、打撲などのけがをしたときによく行われる応急処置で、4つの処置の英語の頭文字からとった造語です。その目的は内出血や腫れを最小限に防ぐこと。

一見難しそうですが、方法はいたってシンプルなので、一般の人でも十分にできます。スポーツの最中に比較的重症度の高いけがをしたときや、医師の到着が遅れそうな場合には即座に行えるよう、基本のやり方をマスターしておきましょう。

Rest(安静)

けがをした部分は動かさず安静を保ちます。痛みがないからと動かしていると、腫れもひどくなったり、けがの種類によっては後遺症が残る可能性も。骨折が考えられる場合は、近くにあるもので固定する必要がありますが、まずは動かさないことが第一です。

Ice(冷却)

市販のアイスパックを患部に直接当てるのが最良の方法ですが、ぬれタオルを当て、その上から氷で冷やす方法でも構いません。

冷やすことによって血管が収縮し、出血を防止できます。感覚がなくなるまで冷やし、その後痛みを訴えたら、凍傷の危険があるので、いったんはずします。

Compression(圧迫)

包帯などで患部を巻くことです。スポンジ状のものや氷パックと一緒に巻くとより効果的です。ぎゅうぎゅう締めつけすぎると血液循環を妨げるので包帯がずれない程度に巻きます。

Elevation(拳上)

出血がひどいときなどは、患部が心臓より高い位置にくるような状態で安静にします。患部が腕なら三角巾で吊るすか、そのまま上に上げ、足なら枕になるものを置いてその上に足を乗せます。

※これらはあくまでも応急処置なので、損傷の程度や種類によっては緊急の医学的処置を必要とします。必ず医療機関を受診してください。


ページの先頭に戻る

 
 
 
 
サイトマップリンク
Copyright © Nikkei Medical Custom Publishing, Inc. All rights reserved.